Talawah∞Mehndi

メヘンディ・ヘナタトゥ・ヘナタトゥー・ヘナ・ボディペイント・ダイヤモンドタトゥ・Talawah・タラワ・メヘンディアート・メンディ・メヘンディペイント・ボディアート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修二会




夜になると
新薬師寺の
修二会の
お松明(たぃまつ)を
見てきました。。





去年ぐらぃから
何故か湧き上がる
自分の焔(ほむら)…



水や木の性質ではなく
何故か焔(ほむら)。



今回だって
たまたま偶然
見れたので。。


どぅも焔に
縁がぁるんですょね…


きっと
受け入れろって
ことなんでしょう(笑)






ちなみに
新薬師寺の
『新』というのは
『あたらしい』という
意味ではなく
『あらたかな』
つまりご利益が
際立っている
薬師寺という
意味らしぃです。




この
『おたいまつ』の行事…

天平時代から
続いているのだそぅ。




長さ7m余の
大松明(おおたいまつ)を
11本奉納する
豪快な行事が
『おたいまつ』です。


燃え盛るぉたいまつが
本堂の周囲を回ると
白壁が朱に染まり
境内に広がる
満開の桜が白く
浮かびあがります。



おたいまつには
本尊に対する
悔過(けか)つまりは
罪の懺悔告白の
意味がぁるのです。




清めのよぅな
荘厳で不思議な
感じがしました。



しかも
少し遠くから
見てぃたのに
火のあたたかさが
伝わってきました・.+゜




昼間の桜も
夜の桜も
綺麗ですが
火に照らされた
桜なんて
とんでもなく
迫力がぁり
粋でしたょ・.+゜・。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/08(木) 21:32:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<箸墓古墳 | ホーム | 灌仏会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://talawahupendo.blog16.fc2.com/tb.php/166-02ae33ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。